ベイカー先生教えて!

Baker

ベイカー

    

趣味 スクラップブッキング

好きな食べ物 

誰かが私に作ってくれたもの

好きな音楽

その時々の気分で色んな音楽を聴いています

一番好きな国はどこですか?

オレゴン州ポートランドです。学生時代や独身時代にはロンドンやボストン等に住みましたが、ポートランドは初めて家族として住んだ場所、3人目の生まれ、5人家族となった思い出深い特別な場所です。素晴らしい仲間や友達に恵まれ、私は3人の子供の世話に追われながらも、充実した時を過ごしました。

庭には、桜の木、リンゴの木、スモモの木、鳥たち、子供達 目を閉じると、美しく輝くような日々が甦ってきます。

英語が好きになったきっかけは?

英語は学校でも好きでしたが、英語が話せるようになったきっかけは、ただひたすら、海外への憧れからだったと思います。

その頃ネットなどもなく、雑誌や、カレンダーの写真などで外国の様子を見るだけでしたが、それでも十代の私は、カレンダーの中のあまりにも素敵な外国の街並みに憧れまくり「私はこの地に足を踏み入れないで死ぬことはできない、絶対いつか行く!」と心に決めて、とうとうそれを実現してしまいました。

英語での失敗エピソードはありますか?

すごいのがあります!笑。

初めてイギリスに留学した時、寮のルームメイトはデンマーク人の女の子。私は英語が話せず、会話が苦痛だったので自分は無口な人間だということにしておこうと思いました。

辞書で「無口」は、「oysterと書いてあったので、

I am an oyster.彼女に言ってしまったのです。オイスターはご存知、貝のカキのことです。初対面の人に、真面目に「私はカキです」と自己紹介してしまったのです

その時の彼女の困った顔は忘れません。貝は閉じているから、無口、話さないというような時に使われるもあるようですが、そんな言い方はしないので

英語で好きな「言葉」があったら教えてください。

懐かしく思い出す言葉があります。 イギリス留学時代、ロンドンの家庭に下宿をしていた時期があります。奥さんは良い人でしたが、感情をそのまま表す人、ご主人は正反対繊細で優しい人でした。ある日、私が奥さんのワインをうっかり割ってしまい、怒られ落ち込んだ夜私の部屋のドアの前に、メッセージ付きの小さなチョコレートの箱が置いてありました。

カードには、Some chocolates to sweeten the bitterness in lifeという言葉がありました。このチョコレートで、人生の苦味を少しでも甘くしてね」というような優しい言葉でした。

これから英語を学びたい人にアドバイスをお願いします。

英語がほんの少しでも話せると~

 

海外の人と言葉を交わすことができます。例えば、上野公園で桜を見た時 隣にいる海外からの人にbeautiful、たったひとこと言えるだけで、その時心が通じます それは本当に素敵な💛草の根外交、国際親善です

政治的問題とは関係なく、人と人が心を通わすことは、平和に貢献します

そして、国内での道案内や、困っている時の小さなヘルプは、素晴らしい人助けで

そんな時、自分の英語の細かい上手下手を気にするのは、本来の目的を置き去りにしているように感じます

私たち大人は、もう、テストの採点を気にしなくていいのです!

ご一緒に大人の英語を楽しみましょう!

そして、話すチャンスがないと思う方でもいつか話したかった英語 

それなら、やってみましょう!

ただただ、話したかった英語で話す とっても楽しい自己表現です💛