教室でLINE Pay(ラインペイ)が使えます!

教室でLINEペイが使えるようになりました。

LINEペイは、現金を使わないお支払い方法の1つ。

キャッシュレス時代に先駆けて、生徒さんにも教室で現金ではないお支払いを体験していただくことができるようになりました。

カレンダー用紙、カレンダーケース、印刷代、おいしいものお取り寄せ、飲料水などなど、教室で販売しているものについてご利用いただけます。

お支払いの時に「LINE Payで」とおっしゃってくださいね。

 

キャッシュレス決済の場合、お財布を出したり、小銭を準備したりしなくてすみます。

店舗の側としてはおつりを用意したりしなくても済みます。

スマートフォンにはLINEを入れている人が多いと思いますが、そのLINEに「ウォレット」という機能があります。

ウォレットとはお財布のこと。LINEをお財布代わりにできるメニューです。

でもどうやってLINEにお金を入れるのかな? という方も多いと思います。

次の方法があります。

1)銀行口座からチャージ

LINEのアプリに銀行口座を登録できるメニューがあります。銀行口座を登録することで本人確認もできるので、お支払いに使うだけでなく、LINEの友だちにお金を送る「送金機能」も利用できます。

 

2)コンビニで、QR/バーコードを見せてチャージ

セブンイレブンや、ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストアなどで店員さんい「チャージしたい」と言って、LINEのウォレットの画面からQRコードを表示して、チャージできます。

 

3)コンビニでチャージ

LINEにチャージできるLINE Payカード(プラスチックのカード)をお持ちでしたら、それをセブンイレブンや、ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストアなどで店員さんに渡して、チャージしたい金額を伝えてチャージします。

 

教室でLINEでお支払いしてみたい方は、銀行口座を設定するか、コンビニでチャージするなどして、LINEnお金を入れてから、ぜひお試しになってみてくださいね!

 

フォローお願いします!